様々な部品を製造している企業

>

防犯カメラにも最適な、新亜光学工業のオートアイリス

オートアイリスとは何?基本的な機能

オートアイリスは、日本語では「自動絞り」と直訳されます。通常、カメラで撮影をする際は絞り機能によって取り込まれる光の調節がされることで、適度な明るさでの撮影が可能になります。

これは人間の目に例えると瞳孔に当たる部分で、明るい場所では瞳孔が小さくなることで眩しくないように調整され、逆に暗い場所では瞳孔が開き、より多くの光を取り込んで見えやすくするという働きです。カメラの場合は絞りが大きくなることで取り込まれる光が多くなりますが、これが多すぎると白とびをしてしまいますし、絞りが小さいことで画像が暗くなりすぎてしまうため、適度な絞り値に調整することが大切です。

明るさの変化が激しい場所や長時間の撮影を行う場合などは、この絞りの調整をマニュアルで行うのは難しいこともあります。特に様々な天候や明るさにおいて長時間撮影することが想定される防犯カメラの使用に関しては、常に状況をチェックする訳にはいきません。このような場合にオートアイリスを活用することで、自動的に周囲の明るさに応じて絞りを調整してくれるため、簡単に、かつ高品質な動画撮影が可能になります。

レンズ部品に関連する製品だからこそ高性能

近年、防犯カメラの必要性は色々なところで話題になっています。店舗での防犯、街中で子供たちを守るため、マンションの管理など、様々な目的で使用することができる防犯カメラは、技術の高まりとともにその機能や性能もアップし続けています。

新亜光学工業は、光学の分野で20年以上製造を続けて来たからこそ、このオートアイリスのような関連機能のクオリティも他社製品にも引けを取らない性能が期待できます。実際の製品は、現在主に11種類展開されており、常に新しいバージョンが開発されています。標準開口経は7から17までとバリエーション豊富で、中にはダミーガラスが付いたものや、吸収型IRフィルター仕様になっているものなど、特徴も様々で、用途やカメラ、そして予算に合わせて選ぶことができます。

また、新亜光学工業の製品の場合は、製品そのものはもちろんのこと、その後のアフターフォローを受けることができるというのも、防犯カメラのように長く使用する装置においては嬉しいサービスです。カスタムでの製造も対応可能な場合もあるので、まずは専門のスタッフに相談してみることで、希望の製品を手に入れることができるでしょう。


シェアする