様々な部品を製造している企業

>

気軽に手軽に思い出を残せる時代

どこでも誰でもクリアな画像を

その昔、記録や思い出を残そうと思えばその手段は絵を描くことでした。写真の技術が発達し、フィルムに残せるようになりましたが、カメラ自体は重たく持ち歩きに不便でした。カメラは年々軽量化していき、持ち運び出来る大きさになりました。フィルムからデジダルへと移行していきましたが、レンズは重く、高価なものでした。しかしその後、技術が発達し、いまやスマートフォンのカメラでも写真が鮮明に撮れます。誰でも気軽に写真が撮れるようになりました。

このスマートフォンでも鮮やかな画質で写真が撮れる様になったのには、新亜光学工業の研究員たちの並々ならぬ努力があったのです。

カメラのレンズは大きいのに、それと同じことが小さなスマホ内臓のレンズで出来るのか疑問に思う人はいると思います。レンズの大きさや角度などを研究に研究を重ね、小さなレンズでも、大きなレンズと同じ働きをすることが可能になりました。

機械化が進んだ今でも、重要な部分は、作業員一人一人が手作業で作っているのです。

これがなければカメラといえない部品

カメラのシャッターを押すときに欠かせない部品であるシャッターユニットを製造しているのは、新亜光学工業です。この部品がなければカメラとしての働きをなしません。

写真を撮る仕組みは、カメラの内部に被写体に当たる光の量を調節し、焼き付けるというシンプルなものです。この光の量をコントロールするのがシャッターユニットです。

カメラが開発された当初は、この焼付けに時間がかかりました。その間シャッターは開きっぱなしになり、その間、被写体が動くと光の量が変わるので、正しく撮れませんでした。

しかし、技術が発達するにつれて、ある程度動きのあるものも撮れるようになりました。物体のスピードにシャッターの開閉するスピードが追いついたのです。連写ができるようになったのも、この技術が発達したためです。

このようにカメラを作る上で新亜光学工業の技術は、なくてはならないものとなりました。そして、日々カメラ技術の進化のために、研究が重ねられています。


シェアする