様々な部品を製造している企業

>

高性能なカメラを作るために

被写体との距離を調整する

距離が遠すぎると、何が映っているのかわからなくなります。
しかし近すぎるとピントが合わないので、ぼやけて見えてしまいます。
綺麗な写真を撮るためには、被写体との距離が大切です。
自分がわざわざ移動しなくても、カメラには距離を調整する機能が備わっています。
そのために、鏡筒という部品が必要になります。
新亜光学工業は、その鏡筒を作っています。

レンズもカメラに欠かせない部品ですが、鏡筒も同じくらい重要です。
遠くに被写体がいる時でも、これ以上自分が近づけないかもしれません。
そんな時は、鏡筒を調整して被写体に近づいてください。
すると綺麗な写真を撮影できると思います。
うまく写真を撮れなかったら、まず距離を変えてみましょう。

シャッターユニットを開発

ピントが合ったら、シャッターを押すことで写真を撮影できます。
シャッターユニットも、新亜光学工業が製造しています。
すばやくシャッターを切ることができるので、どんなチャンスも逃がしません。
シャッターを押してから、撮影するまでの時間が長くなるとチャンスを逃してしまいます。
そのため優れたシャッターユニットを製造している、新亜光学工業と取引をする顧客が増えています。

安いことも、新亜光学工業が好まれる理由の1つです。
優れた部品を低価格で提供しているので、どの顧客でも購入しやすいです。
他の企業だったら、価格が安いと品質が悪いのではないかと疑ってしまいます。
ですが新亜光学工業なら品質が良いことが有名なので、安心ですね。


シェアする