様々な部品を製造している企業

>

自然の太陽光エネルギーを電気に変えるソーラーパネル

これからますます必要とされていく太陽電池

太陽光発電は、環境にやさしい資源として世界的に注目されています。私たちの生活に身近な存在である石油や石炭などの資源は、発電をする際に大量のCO2を排出しています。

その結果、例えば気温の上昇による農産物の不作で食糧難になったり、干ばつや台風などの異常気象も発生しやすくなったりすると言われており、既に影響が出始めていると感じられる出来事も多々あるのではないでしょうか。また、日本ではエネルギー資源の多くを輸入に頼っている上に、石油や天然ガスなど有限の資源は近い将来尽きてしまうことが明確になっています。

地球温暖化を防ぐため、そして有限である資源を守るため、それに変わるエネルギー源として太陽光発電は世界的にも注目されているシステムです。ソーラーパネルを使用することで自然の太陽光をエネルギー源として使用できるので、自家発電をすることで光熱費を削減することができますし、大規模なソーラーパネルを活用して発電力が消費量を上回った場合には、余剰電力を販売することもできます。

新亜光学工業が手がけるソーラーパネル

新亜光学工業が製造するソーラーパネルは、大規模太陽電池ファーム向けに設計されているのが特徴です。一般的に、ソーラーパネルの寿命は30年近くと言われています。そのため、一度導入するとなったら基本的には数十年という長期スパンで使用することが予想されるため、導入する場合は事前に製品の質をしっかりと見極めることが大切です。

また、初期費用として高額な費用が発生するため、予算の検討はもちろん、製品の質に見合った価格かどうかのチェックも大切です。せっかく導入をしたものの、実績のない業者から購入してしまったために設計上の不具合や、耐久性に欠け寿命に満たないうちに壊れてしまい、更には保証もなく結果的にコストが膨らんでしまったという話も少なくありません。

新亜光学工業が手がけるソーラーパネルは、設計、及び施工は提携先のシンガポール企業によって行われていますが、光学製品全般をサポートしてきた歴史ある企業だからこその海外との強い結びつきがあり、しっかりとした運営管理がなされているからこそ、コストを抑えながらもクオリティの高い製品の製造が可能になっています。


シェアする